岩田屋 IWATAYA 福岡三越 MITSUKOSHI

前のページへ戻る

三越伊勢丹グループ 株式会社 岩田屋三越 採用情報 総合職社員 2019年春 大卒者募集!

18.06.01更新

「岩田屋」「福岡三越」2つの「のれん」のシナジー効果で新たな挑戦を。

2010年10月に株式会社岩田屋と株式会社福岡三越が統合しました。両社はそれぞれに長い歴史を持つ企業でしたが、出身企業の違いを意識せず、従業員が一丸となって目的を達成すべく、日々取り組んでいます。
企業風土として自身の考えを表現しやすく、誰とでも話し合え、入社後早いうちからやりたいことを形にしてくことも可能な会社です。

イメージ

地域の暮らしをより豊かにするための、「半歩先」の提案に挑戦。

岩田屋三越の企業ビジョンは、「グローバルな視野で、福岡に根ざした九州随一の小売・百貨店グループを目指します」。地域の暮らしをより豊かにする付加価値の高い品揃えやサービスを実現し、地域のお客さまに対して「半歩」先の新しいライフスタイルの提案を行い続けていく企業になることが目標です。お買場の編集の見直しや、新しい販売スタイルの研究などを通じて、目標の実現に向けてさまざまな改革を行っています。

イメージ

若手社員の間にさまざまな仕事に挑戦できるから、自分のキャリアをイメージできる。

岩田屋三越では、入社後数年で計画やマネジメント等の仕事を担当、早いうちから業務の根幹に携わります。さらに組織や店舗といった垣根を超えた仕事にも挑戦することができ、常に新しい刺激を受けながら、新たなチャレンジをすることが可能です。また、年に一度自身のキャリアに関する申告を行う機会があります。ぜひ、積極的に自分の未来像を描いてください。

イメージ

天神地区をもっと盛り上げるために、地域の一員としてさまざまなイベントを実施。

福岡の天神地区にある一企業として、天神地区を盛り上げるための協議体に参加しています。月に一度、街をきれいにする清掃活動や街の魅力を高めるために天神地区の各商業施設と協力して共同販促を展開。それ以外にも、博多どんたくの時期や、山笠の時期には店舗前に舞台を作製したり、従業員も参加して、地域の一員としてイベントへの取り組みを実施しています。また、店舗で開催する催事等においても、地元福岡のお店や地域をクローズアップしたイベントを実施しております。

イメージ

先輩からのメッセージ

隈部 高彰 株式会社 岩田屋三越 紳士・呉服・ライフスタイル営業部 岩田屋本店 家具・寝具・インテリア担当

1. 入社を決めた理由について「ここならずっと働いていける」就活でそう思えたのは岩田屋三越だった。

就活ではいくつかの企業を受け、正直最終的に他社と迷っていました。そんな時に岩田屋三越に対して思ったのは「ここならずっと働いていけるかも」。うまく言えないのですが、そんな気持ちになったのは岩田屋三越だけでした。不思議なインスピレーションを感じたのが決め手でした。

2. 現在の仕事内容について 希望がかなってリビング担当に。大変なことも楽しみになる。

入社後はインテリアに関心があった私の希望がかない、リビング配属になりました。
この担当の大変なところは、商品が「大きい」こと。毎週のイベント催事の切り替えでは、重たくて大きな商品を運ぶためとても緊張しますが、さまざまな作り手や商品との出会いは楽しみです。
朝礼ではハウスカード「エムアイカード」についてチームメンバーへの教育を任されています。そして自分で分からないことは、先輩に分かるまで聞く。商品知識もそうですが、お客さまに正しい情報を伝える大切さを常に感じています。

3. 記憶に残る仕事/言葉 信頼を得たという喜びは自信になる。

百貨店の寝具は奥が深く、お客さまも最高の眠りを求めていらっしゃいます。インテリアに興味があったとはいえ、最初は布団カバーの販売がやっとでした。その後、販売経験や商品知識を増やし、今ではベッドも自信を持って説明することができます。
丁寧にお客さまに接する事を心掛けていた結果、入社1年目で自分に会いに来てくださるお客さまができたことは、信頼いただけた喜びと共に自信の後押しとなりました。

4. これからの目標 バイヤーもマネージャーもやってみたい。常に目標は高く。

百貨店の仕事で代表的なものは商品の仕入れや選定を担当する「バイヤー」、商品の展開やメンバーの配置や教育を担当する「マネージャー」。いつか両方を経験してみたいと思っています。どちらの仕事も知った上で、次の目標を立てたい。そしてその目標は常に高いものを掲げることが大切だと思っています。
高校時代、サッカーで1位を目指して日々努力してきました。「高みを目指せ」は今も大切にしている言葉です。高い目標に向けて日々を大切に過ごすことをこれからも継続していきたいと思います。

5. 百貨店の可能性とは 「ライフスタイル」はお客さまの数だけある。百貨店なら無限大に提案できる。

リビングでは進物の知識やお客さまのライフスタイルとの関わりなど、百貨店人として必要な知識や感覚を学ぶことができるので、まずここを経験しておけばどこでも通用するという自信がつきました。お客さまの生活はさまざまです。
衣食住全ての提案が可能な百貨店なら、ありとあらゆる提案ができるはず。そのためには私たちが常にお客さまのために何ができるか考える必要があります。
リビングを通じて、衣食住の提案を岩田屋三越のお客さまへ無限大に発信できるよう、進化すること、変化することに積極的に取り組みます。

6. 学生の皆さんへのメッセージ 「時間や仲間を大切にしてください。」

学生の皆さまは就活の迷いや悩みで大変だと思います。でもその迷いや悩みはきっと将来の自分の糧となります。
それでも立ち止まったときは時間や仲間を大事にすること。
社会人になっても時間や仲間は大切です。岩田屋三越では入社後、さまざまな研修や地域行事に参加し、普段は別々の部署にいる同期と共に学び、時を過ごします。
そんな時間を大事にしながら、同期と磨きあうことで、もっと頑張ろうという気持ちになれます。
ぜひ学生の今から時間や仲間を大事に過ごし、自分の目標に向かって頑張ってください。

先輩からのメッセージ

長嶺 舞 株式会社 岩田屋三越 婦人・子供・婦人雑貨・特選営業部 岩田屋本店 婦人雑貨 アシスタントバイヤー

1. 入社を決めた理由について 「勉強したことを活かせる」「地元」「一番好きなこと」全ての軸が当てはまった。

大学ではアジア言語を勉強。学んだことを活かしながら、大好きな地元九州で活躍したいという思いで就職活動をしました。あまり業種を絞らず、さまざまな業界・業種を研究しましたが、アルバイトもしていて仕事も人も身近に感じていた岩田屋三越を志望するようになりました。

2. 現在の仕事内容について 百貨店は「お客さま」「共に働く仲間」など、とにかく「人」との交わりが大切

入社後は福岡三越のファッションパーツや婦人靴を担当。その後岩田屋本店本館1階グランドフロアの婦人雑貨・化粧品のアシスタントマネージャーに。そしてこの4月からはアシスタントバイヤーになりました。
現場の「人」の管理が主な仕事だったマネージャー職から「商品」を中心とした仕事に変わりましたが、お客さまの声を聴き取ること、現場のスタイリストとのコミュニケーションの大切さはどちらも変わりません。
アシスタントマネージャーの頃から一番現場に近い存在でいられるように心掛けていたことを継続し、これからは岩田屋三越のお客さまが求めていらっしゃるモノやコトをもっと発信していきたいと思っています。

3. 記憶に残る仕事/言葉 「出発前にわざわざ私を訪ねてきてくださった韓国からのお客さま」

店頭での販売では得意の韓国語を活かし、旅行客のお客さまの対応も積極的に行っています。以前短期旅行で福岡に来られた韓国人のお客さまをご案内した際、とても喜んでいただいて私も嬉しかったんですが、なんとそのお客さまが、翌日空港に行く前の時間のない中、手土産を持ってわざわざ私を訪ねてきてくださったんです。日本での滞在時間が短いはずなのに、また私に会う時間をつくってくださって感激しました。
日本でのお買物が感動体験になるよう、これからもがんばりたいと思います。

4. これからの目標 「私にしかできないこと」は何か、自分を見つめていきたい

アシスタントバイヤーとしての業務にまずしっかり取り組みます。現場でアシスタント職を両方経験して、その後自分に何ができるのか、何をしたいのか考えていきたいと思っています。そして日本人のお客さまに加え、アジア各国のお客さまが福岡を訪れた際は岩田屋三越に行きたいと思ってくださるような、さらにお客さまに愛されるお店にしたいです。
インバウンドに興味があるので、将来的には自分の強みを活かして海外のお客さまに働きかけるような部署の立案にも関わりたいと思っています。

5. 百貨店の可能性とは 「生き方」「暮らし方」を売る時代だからこそ百貨店は必要

衣食住すべてを提案するのが百貨店。今は「モノ」だけではなく、「コト」の発信が大切な時代です。いわば「商品」を売るのではなく、「生き方」「暮らし方」を売る時代になっているのではないでしょうか。そのためには日頃からアンテナを張り巡らせ、進化し続けることが必要。仲間と協力しながら、お客さまのために何ができるのかを常に考え、心豊かな生活の提案をしなければならないと思っています。

6. 学生の皆さんへのメッセージ 「就活を楽しもう」

就活は大変だと思いますが、楽しむ気持ちを持つことが大切だと思います。
いろんな人を見て、いろんな企業を見て、自分が今まで知らなかったこととの出会いを楽しんでください。
その中から自分にとっての1がきっと見つかるはず。応援しています。

募集情報・応募要項

ページの先頭へ

COPYRIGHT (C)  Iwataya Mitsukoshi Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.